So-net無料ブログ作成
検索選択

第3話 めざパ厳選!VS爺! [ストーリー 感想]

二人の努力も実りついにフカマルを入手。

サトシお目当ての6Vフカマルはなんと、2匹も誕生していた。

そしてもう1匹はタケシが育てることに。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

育て屋の近くに張っているテントに帰ってきたサトシ。

俺は良い所で寝たいわと言って帰るタケシ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

次の日、朝目が覚めると、テント前にポケモンが一匹。

なんと、サトシが初日に逃がしたあのピカチュウだった。

サトシを思って追いかけてきていたのだ。

その行動にサトシは胸を打たれるのであった! 

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

それから数日が立つ。
 
タケシはサトシの所に行ってみた。
 
サトシの肩にはピカチュウが乗っていた。
 
タケシ「サトシ!そのピカチュウは?」
 
タケシが不思議そうに思った所に、野生のポケモンが現れるのであった!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
野生のポケモンは、草タイプのスボミー
 
ピカチュウを迷わず投入するサトシ。
 
電気タイプの攻撃を受け付けないスボミーにどうするサトシ。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
サトシ「耐えろー!ピカチュウー!!」

タケシ「サトシ!ピカチュウじゃ駄目だ!」

サトシ「うおおおお!!!めざめるパワー!」

ピカチュウ「ピ…カ…ピッカァ!!」
(ユウキリンリン!ゲンキハツラツ!キョウミシンシン!イキヨウヨウ!)

スボミー「スッッボーーーーーーー」

タケシ「わかったぞ!
サトシのやつ氷
になるまで厳選していたのか!
俺のいない間だけでおぼえさせるとはなんてヤツだ!」

サトシ「いっけーー!ピカチュウ!」
 
 
■感想 
 
このアニメ、とことん厳選シーンで埋まるけど、珍しく真剣にバトル!
 
ピカチュウもなんとか帰ってきたし、ポケモンファンもホッとしましたよ。 
 
それにしても、最後にチラッと移った3人の影が気になる所。
 
あれ?3人じゃなくて、2人と1匹か。 


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。