So-net無料ブログ作成
検索選択

第1話 自慢の裏庭! 6Vメタモン! [ストーリー 感想]

マサラタウン出身の少年、サトシ 10歳がポケモンマスターを目指す物語である。

主人公であるサトシは、数々のポケモン達と絆を築き、多くの仲間達と巡り会いポケモンマスターになることはできるのだろうか?

 

マサラタウンでは10歳になると、冒険に出かける許可を貰える。

そして遂にサトシにも冒険の日がやってきたのだ。

 

また、冒険の手助けとしてオーキド博士からプレゼントを貰えるのも伝統の一つだ。

 

オーキド博士からのプレゼントはポケモンだった。

生息地はいまだに不明である「ヒトカゲ」「フシギダネ」「ゼニガメ」のどれかを貰えることになったサトシ。

サトシは今後の展開を考え、ゼニガメを貰うことにした。なみのり要因は必要だろ?

しかし、ゼニガメは既に他のトレーナーが受け取っていた。

妥協して、他の2匹のどちらでもいいと言うが、ヒトカゲもフシギダネも既に他のトレーナーが受け取っていた。

 

何もないじゃねーか!!と思ったサトシに手渡された物は?

 

電気マークの付いたモンスターボールであった!

サトシがすぐさまモンスターボールからポケモンを出すと!!

 

 

ポケモンを代表すると言っても過言ではない【ピカチュウ】が出てきたのだ!!

オーキド博士いわく、少し性格に難ありだそうだが......

 

サトシは聞く耳も持たず、早速ピカチュウのステータスを確認してみた。

性格難あり、種族値も微妙ならば、利用性にも欠ける。

せいでんきの特性だが、コイツの耐久を考えるに....無駄だ。 

コイツをライチュウしてやっても良いが、あいにく冒険初日ということもあり、貴重と言われる電気の石は持っていなかったのだ。

サトシはニックネームをつけることなく、ピカチュウをモンスターボールに戻し、オーキドには一応御礼を言い、研究所を後にした。

 

まずサトシは、自宅から自転車を取り出した。

実は、以前から冒険の日のためにお小遣いや、お年玉などを必死に貯金して冒険道具を購入していたのだ。

もちろん、自転車は購入金額がメチャメチャ高いので、ネットオークションにて落札した中古品である。

それでも自転車としての機能はしっかりある。

 

そしてサトシは早速、シンオウ地方を目指すことになるのだが、

シンオウ地方には一体何が待っているのだろうか?

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

シンオウ地方についたサトシには目的があった。

以前にテレビで特集されていた、ウラヤマさんの自慢の裏庭だ。

そこには珍しいポケモンがたくさんいるそうな。

 

サトシの狙いは一体??

 

【メタモン】だ。

そう、6Vメタモンをゲットするためにサトシは自慢の裏庭にやってきたのだ。

もちろん、モンスターボールも大量に購入している。

それから、サトシは休むこと無くメタモンを探した。

サトシは6Vメタモンをゲットすることはできるのか!? 

 

■感想

ついに廃人向けポケモンアニメが放送開始しましたね!

でもやっぱり、開始5分後には、残りの時間全てメタモンと戦闘&ゲットだったのはきつかったw

しょっぱな、ボックス満杯になって、メタモンだけじゃなくてピカチュウも逃がしちゃったのはグッとくるものがあった。

あのサトシの無表情な顔の先には何があったのか気になるところ!

でもラストに6Vゲットしたのはやっぱり感動した。 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。