So-net無料ブログ作成
検索選択

第3話 めざパ厳選!VS爺! [ストーリー 感想]

二人の努力も実りついにフカマルを入手。

サトシお目当ての6Vフカマルはなんと、2匹も誕生していた。

そしてもう1匹はタケシが育てることに。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

育て屋の近くに張っているテントに帰ってきたサトシ。

俺は良い所で寝たいわと言って帰るタケシ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

次の日、朝目が覚めると、テント前にポケモンが一匹。

なんと、サトシが初日に逃がしたあのピカチュウだった。

サトシを思って追いかけてきていたのだ。

その行動にサトシは胸を打たれるのであった! 

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

それから数日が立つ。
 
タケシはサトシの所に行ってみた。
 
サトシの肩にはピカチュウが乗っていた。
 
タケシ「サトシ!そのピカチュウは?」
 
タケシが不思議そうに思った所に、野生のポケモンが現れるのであった!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
野生のポケモンは、草タイプのスボミー
 
ピカチュウを迷わず投入するサトシ。
 
電気タイプの攻撃を受け付けないスボミーにどうするサトシ。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
サトシ「耐えろー!ピカチュウー!!」

タケシ「サトシ!ピカチュウじゃ駄目だ!」

サトシ「うおおおお!!!めざめるパワー!」

ピカチュウ「ピ…カ…ピッカァ!!」
(ユウキリンリン!ゲンキハツラツ!キョウミシンシン!イキヨウヨウ!)

スボミー「スッッボーーーーーーー」

タケシ「わかったぞ!
サトシのやつ氷
になるまで厳選していたのか!
俺のいない間だけでおぼえさせるとはなんてヤツだ!」

サトシ「いっけーー!ピカチュウ!」
 
 
■感想 
 
このアニメ、とことん厳選シーンで埋まるけど、珍しく真剣にバトル!
 
ピカチュウもなんとか帰ってきたし、ポケモンファンもホッとしましたよ。 
 
それにしても、最後にチラッと移った3人の影が気になる所。
 
あれ?3人じゃなくて、2人と1匹か。 


第2話 6Vフカマル、ゲットで厨ポケ! [ストーリー 感想]

自慢の裏庭にてメタモン探していたサトシ。

あきらめるどころかドンドンやる気を上げるサトシの根性に負けたか、ついに6Vメタモンが現れ、ゲットしたサトシ。 

シンオウ地方での目的を早速果たした訳だが、次なる冒険では一体何が待ち受けているのか!!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

サトシはトレーナーの目を避けながら、まよいの洞窟へと向かっていた。

6Vメタモンをゲットしたサトシは、次なるターゲット【フカマル】を捕まえに来たのだ。

初めて迷いの洞窟にきているのだが、攻略本があるのでなんなく入り口を見つけた。

 

サトシは洞窟にて、フカマルを探し出す。

果たしてサトシはフカマルをゲットできるのか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

メタモンほど出ないわけではないとは言えど、なかなか出てこないフカマル。

しかし、それが快感なのか喜びを感じながら探し続けるサトシ。

その顔には近い将来に完成するパーティーへの期待の笑みによって、ニヤニヤを隠しきれていない様子。

 

探し続けるが一向に出ないフカマル。

そして遂に、探し続けること5時間、フカマルが小さな横穴から顔を出したのだ!

早速モンスターボールを投げたい所だが、多少のダメージを与え、弱らせてゲットするのがポケモンゲットのためのセオリー。

 

サトシは先日ゲットした、6Vメタモンを出した!

スピードもレベルもメタモンの方が上!

まずは、メタモンを敵であるフカマルに【へんしん】させた。

 

後はじわじわと弱らせてゲットして、大量生産するのみ!!!!!

サトシ:いけ!メタモン! かわしてかみつく!!

 

???:そのメタモンは!?一見努力値は振っていないが、 何か深い潜在能力を感じるぞ!

サトシがハッと後ろを振り向くと、後ろにはツンツン頭の肌の黒い男が立っていた。

年齢は、、、、30前後だろうか?

 

サトシ:俺はサトシ!あいにく今はフカマルをゲットしている所なんだ!後にしてくれないか?

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

遂に激闘の末にフカマルをゲット。 

早速まよいの洞窟を出ようと思ったが、先ほど話しかけてきた男が近寄ってきた。

 

???:俺はタケシだ。サトシのポケモンに興味が出てきたんだが、何か手伝えることはないか? 

サトシ:よろしくなタケシ! そうだ!ちょっとフカマルの量産やらないか?

 

タケシと名乗る男がなぜかサトシとお供することになったが、この男は一体?

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サトシとタケシは育て屋の前まで来ていた。

早速、6Vメタモンとフカマルを預け、自転車周辺を走り回った。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 すると育て屋の前におじいさんが立っている。

サトシが話を聞くと、どうやらメタモンとフカマルの間に卵ができたようだ。

サトシはその卵を受け取ると、さらに自転車をこぎ回った!

 

そして!遂に卵が孵化した!

苦労のかいもあってか、タケシは喜びを隠せず、涙ぐんでいた。

がサトシはすぐさまステータスを確認するや否、首を横に振りフカマルを捨てた。

サトシはすぐさま、タケシに事情をはなし、6Vのフカマルのみを望んでいると伝えた。

タケシはすぐさま納得し、サトシと共に無数のフカマルの卵の孵化へと励んだ!

 

果たしてサトシとタケシは6Vフカマルを生産することができるのか!!!

 

■感想 

待望の第2話が放送されましたねー!!!

ちょっと残念だったのが、メタモン対フカマルの描写が一瞬しかなかったことですね。

後はオープニングテーマと共に自転車をこぎ続けるサトシしかほとんどなかったからなー

しかも、タケシの声優がなんか変だよw

俺は前の声優が良かったけどなー 

 

後、最後のフカマルがどんどん捨てられる所はシュール!

あのフカマル達どうすんだ?

育って野生のガブリアスになったら結構大変そうだけど....

 

 


第1話 自慢の裏庭! 6Vメタモン! [ストーリー 感想]

マサラタウン出身の少年、サトシ 10歳がポケモンマスターを目指す物語である。

主人公であるサトシは、数々のポケモン達と絆を築き、多くの仲間達と巡り会いポケモンマスターになることはできるのだろうか?

 

マサラタウンでは10歳になると、冒険に出かける許可を貰える。

そして遂にサトシにも冒険の日がやってきたのだ。

 

また、冒険の手助けとしてオーキド博士からプレゼントを貰えるのも伝統の一つだ。

 

オーキド博士からのプレゼントはポケモンだった。

生息地はいまだに不明である「ヒトカゲ」「フシギダネ」「ゼニガメ」のどれかを貰えることになったサトシ。

サトシは今後の展開を考え、ゼニガメを貰うことにした。なみのり要因は必要だろ?

しかし、ゼニガメは既に他のトレーナーが受け取っていた。

妥協して、他の2匹のどちらでもいいと言うが、ヒトカゲもフシギダネも既に他のトレーナーが受け取っていた。

 

何もないじゃねーか!!と思ったサトシに手渡された物は?

 

電気マークの付いたモンスターボールであった!

サトシがすぐさまモンスターボールからポケモンを出すと!!

 

 

ポケモンを代表すると言っても過言ではない【ピカチュウ】が出てきたのだ!!

オーキド博士いわく、少し性格に難ありだそうだが......

 

サトシは聞く耳も持たず、早速ピカチュウのステータスを確認してみた。

性格難あり、種族値も微妙ならば、利用性にも欠ける。

せいでんきの特性だが、コイツの耐久を考えるに....無駄だ。 

コイツをライチュウしてやっても良いが、あいにく冒険初日ということもあり、貴重と言われる電気の石は持っていなかったのだ。

サトシはニックネームをつけることなく、ピカチュウをモンスターボールに戻し、オーキドには一応御礼を言い、研究所を後にした。

 

まずサトシは、自宅から自転車を取り出した。

実は、以前から冒険の日のためにお小遣いや、お年玉などを必死に貯金して冒険道具を購入していたのだ。

もちろん、自転車は購入金額がメチャメチャ高いので、ネットオークションにて落札した中古品である。

それでも自転車としての機能はしっかりある。

 

そしてサトシは早速、シンオウ地方を目指すことになるのだが、

シンオウ地方には一体何が待っているのだろうか?

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

シンオウ地方についたサトシには目的があった。

以前にテレビで特集されていた、ウラヤマさんの自慢の裏庭だ。

そこには珍しいポケモンがたくさんいるそうな。

 

サトシの狙いは一体??

 

【メタモン】だ。

そう、6Vメタモンをゲットするためにサトシは自慢の裏庭にやってきたのだ。

もちろん、モンスターボールも大量に購入している。

それから、サトシは休むこと無くメタモンを探した。

サトシは6Vメタモンをゲットすることはできるのか!? 

 

■感想

ついに廃人向けポケモンアニメが放送開始しましたね!

でもやっぱり、開始5分後には、残りの時間全てメタモンと戦闘&ゲットだったのはきつかったw

しょっぱな、ボックス満杯になって、メタモンだけじゃなくてピカチュウも逃がしちゃったのはグッとくるものがあった。

あのサトシの無表情な顔の先には何があったのか気になるところ!

でもラストに6Vゲットしたのはやっぱり感動した。 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。